訴訟弁護士/商業弁護士

ビアンカ・ワイゲルト(Bianka Weigelt)

商業弁護士(法学士)

ビアンカ・ワイゲルトは、アウグスブルク大学(University of Augsburg)で法学を学び、FernUniversitätHagen で商法(法学士)と法学(法学修士)を学びました。 彼女は、最終論文で商標法について深く考察し、「ブランド名、登録番号、競争法および規制の相反する領域における検索エンジンマーケティング (Search Engine Marketing in the Conflicting Areas of Brand Names, Registration Numbers and Competition Law and Regulation)」という学位論文で研究を成功裏に完了させました。 修士論文では、「商標法における識別性と可用性の必要性 – 既存の法理論に反映された頭字語および略語の要件(Distinctiveness and the Need for Availability in Trademark Law – Requirement)」を主題として探求しました。

ビアンカ・ワイゲルトは、2016年から LORENZ & KOLLEGEN 法律事務所で商業弁護士(法学士)として活動しており、商標の分野において、ならびに同事務所の法律上の義務について、とりわけ保護の絶対的な禁止、商標と商標検索の実行、商標紛争、裁判外契約の交渉、商標の衝突監視とライセンス契約に関する手続きでサポートを提供してきました。