訴訟弁護士/商業弁護士

エルケ・シュトラウス(Elke Strauss)

訴訟弁護士

工業所有権を専門とする弁護士

エルケ・シュトラウスは、1992年から訴訟弁護士を務めています。 弁護士としての彼女の活動は、商標、意匠、特許、著作権法、競争法の分野に重点を置いています。 その専門的な知識と経験に基づき、弁護士会から「工業所有権専門弁護士(Specialist attorney in industrial property rights)」に認定されています。

高校を卒業し、カナダに1年間留学した後、バイロイト(Bayreuth)で法律を学び、さらに経営学を学びました。 エバーハルト・カール大学テュービンゲン(Eberhard-Karls-Universität in Tübingen)で両方の最終的な学位試験に合格しました。

1992年に弁護士資格を取得。 テュービンゲン(Tübingen)の法律事務所で1年間働いた後、シュトゥットガルト(Stuttgart)の法律事務所に入所しました。 1996年に、エルケ・シュトラウスは自身の法律事務所を設立しました。 1998年、同法律事務所はヒルデンハイム(Hildenheim)にある Lorenz&Gordon 特許法律事務所と合併しました。

彼女はアーレン大学(Hochschule Aalen:WBA)の民法および工業所有権の講師を務めています。

エルケ・シュトラウスは、シュトゥットガルト弁護士会(Stuttgart Bar Association)、ドイツ弁護士会(German Bar Association)、ドイツ工業所有権・著作権協会( Deutschen Vereinigung für gewerblichen Rechtschutz und Urheberrecht e.V.:GRUR)の会員です。